人生100年 いきいき生きる
今の暮らしに不安はありませんか?将来に不安はありませんか? 生前整理×防災×思考の整理で、安心・安全な暮らしの未来を叶えるためにすぐに活かせる学びをお伝えしています。
実績紹介

防災認定講座開催しましたー安全環境収納アドバイザー

おはようございます。

8月に入って、防災共育管理士を取得するために頑張っているどんぐりさん

昨日は、2級必修科目「安全環境収納アドバイザー」を受講されました。
(写真を撮り忘れました💦)

命を守る・想いをつなぐ 

生前整理と防災の知識で安心・安全な未来を叶える 
馬野邦枝(うまのくにえ)です。

保有資格

  • 生前整理アドバイザー認定指導員
  • 生前整理スクラップブッキング認定指導員
  • 生前整理診断士
  • 防災共育管理士認定講師
  • 整理収納アドバイザー
  • 方眼ノートトレーナー

防災共育管理士2級必修科目の「安全環境収納アドバイザー」講座は、

家の内外をきちんと整理して、備蓄品をしっかり準備する、そして、災害時、在宅避難ができるように環境を整えることが目的です。

在宅避難

災害時、避難所へ避難することもありますが、避難所ではプライバシーがなく、ストレスがたまります。

もちろん、みんないるので、心強い面はあります。

でも、何日も避難所暮らしになると、騒音、生活リズムなど、やはり自宅とは違った気の使い方で、非常に疲れます。

そこで、自宅をできるだけ安全を確保できるようにし、自宅で備蓄品を消費しながら、避難生活を送ることで、ストレスが軽減されます。

また、ペットを飼っていると、なかなか避難所へは行きにくいものですが、自宅避難だと、ペットのことを気にしないで、過ごすことができるので、ペットにとっても、ストレスフリーで暮らせます。

日用品と食料品の備蓄

備蓄品というと、水、食料品が真っ先に思い浮かびますが、実は日用品の備蓄も必要です。

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 雑巾
  • 掃除用品
  • 洗濯用品
  • 洗剤
  • シャンプー&コンディショナー

などなど、物流が止まった時を考え、1か月分は備蓄しておきたいものです。

水、食料品も最低3日分、普通は1週間分、できれば1か月分準備しておくと、安心です。

災害後、1週間もすれば、水、食料品の配給がありますが、行列に何時間も並んだり、店に物が並ぶようになっても、どこも長蛇の列になります。

何時間も、長蛇の列に並ぶのは体力と時間が必要になります。

その分、ストレスもたまります。

充分な量をしっかり備蓄しておくことで、時間や体力を自宅の片づけ、復興に注力できます。そのためにも1か月分を目標に、少しづつ備蓄品を増やしましょう。

次は1級面接

どんぐりさんは、課題提出後、1級の面接&模擬講座があります。

その後、

  • ペットの防災
  • 子どもの防災
  • シニアと災害弱者の防災

と3科目を受講して、認定講師になります。

この秋に取得を目指して、まずは、課題の提出に取り組んでいます。

今年中に、和歌山に防災共育管理士認定講師が誕生するのが楽しみです。

 

気になる方はぜひお問い合わせください。

講座は、リクエスト開催も受け付けています。

お問い合わせからご連絡ください。

 お問い合わせ 

 

 

今日もご訪問くださりありがとうございました。

応援クリックがをしていただけると、とっても更新の励みになります。
よろしければ、ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村


防犯・防災ランキング

遺言・終活・エンディングノートランキング

ABOUT ME
kunieumano
生前整理と防災の知識で安心・安全な未来を叶える シニアの安心・安全アドバイザー 馬野邦枝 です 1962年1月3日生まれ 奈良県在住 現在夫と2人暮らし、息子3人孫3人 おせっかいな関西のおばちゃんです。