人生100年 いきいき生きる
今の暮らしに不安はありませんか?将来に不安はありませんか? 生前整理×防災×思考の整理で、安心・安全な暮らしの未来を叶えるためにすぐに活かせる学びをお伝えしています。
片付け

冷蔵庫の掃除が簡単にー余った紙袋の有効活用はこれで決まり!ー

おはようございます。

年末に向けて、そろそろ冷蔵庫がいっぱいになりつつありませんか?

冷蔵庫の掃除のタイミングは、買い物に行く前!

今日は冷蔵庫の簡単な仕切りを紹介します。

第2の人生を、不安や心配事をなくして「安心」「安全」で「満足」できる毎日を送りたい。

そんな思いの方へ、片付け、生前整理、防災を中心に、すぐに活かせる学びをお伝えしています。

生前整理アドバイザー×防災共育管理士
シニアの安心・安全な暮らしを叶える 馬野邦枝(うまのくにえ)です。

保有資格

  • 生前整理アドバイザー認定指導員
  • 防災共育管理士認定講師
  • 整理収納アドバイザー

冷蔵庫は特に定位置を決めないと、あっという間に行方不明の食材が出て、気づいた時にはミイラ化してしまいます。

冷蔵庫は詰めすぎ禁物

冷気が十分隅々までいきわたらないので、ゆったり間隔をあけて食品を入れてくださいね。

できれば、いつでも鍋が入るくらいの空間をいつも空けておくと、急に頂き物があっても安心です。ホールケーキ?カニ?いつでもお待ちしています。

冷凍庫はしっかり隙間なく詰めて

逆に冷凍庫は隙間なく詰めたほうが、電気代の節約になります。

あまりにも、隙間があるときは、ペットボトルのお水などを凍らせておいてもいいです。

万が一、停電になった時に、温度の上昇が少しでも遅くなります。

野菜室はしっかり仕切る

野菜室は油断をすると、下敷きになって傷んでいる野菜を発見して、悲しくなることありませんか?

しっかり仕切って、種類ごとにまとめておくと、行方不明を防ぐことができます。

そして、そのための仕切りのアイデアです。

いろいろなところで、プラスチックのかごやケースが売られています。

でも、野菜って、大きさも形もバラバラ。
まして、ぎゅうぎゅうに詰めると、そこから傷みだしてしまします。

なので私が使っているのは紙袋

どこの家でも片づけ始めてびっくりするくらい出てくるのが紙袋。

いつか使える、キレイだから、腐るものではないし・・・といろいろな理由を付けて、紙袋の中に紙袋をぎっしり詰めて、いくつも保管していませんか?

でも、そんなに紙袋を使う場面ってありません。
年に何回?

そこで私は紙袋をちょっと細工して、冷蔵庫の野菜室に入れて、仕切りにしています。

紙袋のいい点は、汚れたら捨てて、新しいものと入れ替える。


そう、洗う必要がないんです。
ズボラ主婦には、ぴったり!

そしてもう一ついい点は、多少大きなものやたくさん入れても、変形してくれて、野菜が傷つきにくいこと。

これって、結構便利で、ちょっとくらい大きさがあってなくても、なんとなく野菜が収まってしまう。
そう、頭を使ってパズルのごとく、ケースの入れ方を考え、中に入れる野菜を考え、うまく収まるようにする必要なし!

適当に入れても、なんとなくうまく収まってしまいます。

インスタ映えはしないけど・・・
おしゃれでもないけれど・・・

使いやすさは抜群!

一度、やってみてください。

作り方はカンタン。

  1. まず持ち手を切ってしまいます
  2. 高さを見ながら、中へ折り込む
  3. 以上

 

今日もご訪問くださりありがとうございました。

応援クリックがをしていただけると、とっても更新の励みになります。
よろしければ、ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村


防犯・防災ランキング

遺言・終活・エンディングノートランキング

ABOUT ME
kunieumano
生前整理と防災の知識で安心・安全な未来を叶える シニアの安心・安全アドバイザー 馬野邦枝 です 1962年1月3日生まれ 奈良県在住 現在夫と2人暮らし、息子3人孫3人 おせっかいな関西のおばちゃんです。