人生100年 いきいき生きる
第2の人生を、不安や心配事をなくして「安心」「安全」で「満足」できる生活にして、前向きに輝いて毎日を送りたい。 そんな思いの方へ、片付け、生前整理、防災を中心に、すぐに活かせる学びをお伝えしています。
防災

大雨の対策 ポイント3つ

天気予報では、ここ数日かなりの量がの雨が降りそうです。

大雨の対策していますか?

将来に不安を感じている方へ

物・心・情報を整理して「安心」「安全」で「満足」できる毎日にするために

片付け、生前整理、防災をトータルでサポートする 奈良の 馬野邦枝 です。

保有資格

  • 生前整理アドバイザー認定指導員
  • 防災共育管理士認定講師
  • 整理収納アドバイザー

 

講座案内

◆ 8月・9月 生前整理 2級講座

8月17日(火) 29日(日)   オンライン
31日(火) カルチャーセンター(奈良)

9月1日(水) 6日(月) 14日(火) 25日(土) 27日(月) オンライン
23日(木) カルチャーセンター(奈良)

 

講座スケジュールを確認して申し込む

◆ 防災共育管理士講座

只今募集中です。日程は調整いたします。

お問い合わせボタンより、ご連絡ください。

 お問い合わせ 

 

 

おはようございます。

週末まで、全国的にかなりの量の雨が降るようです。

雨の対策はしていますか?

自然災害の中でも、雨は地震と違って、予報ができるので、対策する時間があります。

台風シーズンも近いので、(先日3つ重なって発生していましたね)早めに雨対策をしておきましょう。

そのためのポイントをまとめました。

1、雨どい・排水溝の点検

屋根の雨どい、ベランダなどの排水溝、側溝に落ち葉やゴミがたまっていませんか?

排水が詰まると、水があふれて家の中に流れ込んだり、ベランダが水浸しになります。

雨が降る前に、点検をして、掃除をしておきましょう。

2、ハザードマップを確認する

住んでいる地域のハザードマップを確認しましょう。

自治体から配布されていたり、HPからダウンロードできます。

ハザードマップは地震と水害の2種類があります。

災害の内容により、避難場所が違う場合があります。

必ず、ハザードマップで確認をしておきましょう。

また、万が一避難しなくてはいけない場合を考え、

どのような道を通って避難するのか?

家族がバラバラになった時の連絡方法は?

などを、家族で話し合っておきましょう。

避難するときの持ち出し袋の準備はできていますか?

貴重品、簡単な日用品と着替えの衣類、懐中電灯や今の時期は消毒薬とマスクは必需品です。地震と違って、大雨だけだと長期にわたる避難にはなりにくいです。

子どもさんがいる場合は簡単なおもちゃ、おやつ、ミルク、お湯なども必要です。

高齢者は、義歯、眼鏡、補聴器なども忘れずに準備しておきましょう。

3、食料品を備蓄しておく

大雨になると、買い物にも困ります。

いつもより多めに食料品を準備しておきましょう。

台風と違って、大雨だけだと停電の心配は少ないですが、それでも、道路が寸断されることも想定して、食料品と水はしっかり準備しておきましょう。

常温で保存できるもの、レトルト、缶詰、乾物などは保存に気を使わなくて済むので、

うまく組み合わせて備蓄しておきましょう。

まとめ

大雨の対策のポイント

  1. 家の周りの排水が詰まらないようにしておく
  2. ハザードマップで避難場所を確認し、持ち出すものを準備しておく
  3. 食料品を多めに準備しておく

最近の大雨は時として、多大な被害を引き起こします。

土砂崩れや洪水ほどではなくても、道路の冠水など、ニュースでよく目にします。

自分は大丈夫!

ではなく、

もしかしたら?

の気持ちで、準備をしておきましょう。

高齢者や乳幼児がいればなおさらのこと。

後で後悔しても取り戻せません。

 

今日もご訪問くださりありがとうございました。

応援クリックがをしていただけると、とっても更新の励みになります。
よろしければ、ポチッとしていただけると嬉しいです。


遺言・終活・エンディングノートランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

ABOUT ME
kunieumano
生前整理と防災の知識で安心・安全な未来を叶える シニアの安心・安全アドバイザー 馬野邦枝 です 1962年1月3日生まれ 奈良県在住 現在夫と2人暮らし、息子3人孫3人 おせっかいな関西のおばちゃんです。